ギャラリーを見よう! 2011年の作品

   今まで創ったとんぼ玉たちです。ごゆっくりと見てくださいね。(^-^)


東日本大震災があった年ですが、そんな中でMASUMI島のモアイ玉、埴輪くん、初のマーブル(ビー玉)に挑戦しました。(*^。^*)
震災後はなかなか玉を創れなかったのですが、こうして見ると結構いろいろ玉を創っているものですよね。
当たり前は当たり前じゃない、とんぼ玉を創れるという幸せを、強く感じた年でした。(^○^)

※バックが黄色で解説にマークの付いたとんぼ玉は、その画像の上にカーソルを乗せると別の画像を見ることが出来ます。(☆≧∇゚)ノ
※バックがピンクでマークがあり、表がまとまっている玉は一つの玉を詳しく説明しています。(表が3つ以上まとまっている玉はバックがブルー)

喜南鈴ガラスの大掃除玉です。
でも青紫ガラスが他のガラスと合わないみたいでひびが入っていました。
それ以後、このガラスのみ単独使いです。
 
とにかくピンクマーブルを!!
と思って挑戦しました。(*^。^*)
喜南鈴ガラスの新しいピンクはとってもきれいで熱線脱色もしにくいガラスです。
初回から、ど~しても創りたかった虹色玉。
形は変だけど、今後に生かす!
一番右がお気に入り。(^▽^*)
とあるカラーセラピスト的な診療も行っている医師のお客さまに、ご依頼され創った、虹色の大玉です。
虹色の玉を得意とするとんぼ玉工房「MASUMI」のオリジナル玉です。
こちらは佐竹ガラスで、次の喜南鈴ガラス虹玉もそうです。
  これも、青紫のガラスだけひびが入ってしまいました。
根本的にガラスの相性が良くないのだと思いました。(-_-;)
ガラスはやってみないと分からない。
この色は好きで、喜南鈴ガラスにしかありません。(たぶん)
時々流し玉を創りたくなりますが、結構難しいのだ~。
喜南鈴ガラスの金ピンクガラスは軟らかくて難しい~。
ほったらかすと形がすぐに変わってしまいます。(>_<)
形がおかしな初期のピンク玉。
色は好き、色だけは。
もう一度創ろうかと思います。(^^ゞ
同心円。
いかに正円に、90度に打つかがコツ。
作家の裁量が問われる。(`´)ゞ
   
2007年作の『花手鞠』を少し変えてみた玉です。(*^_^*)
こんな風に見どころ満載の玉となりました。
久々の喜南鈴ガラスでレース玉。
でも不格好です。(^_^;)
なかなか好きですけどね~。
左とレース文様とガラスを変えてやってみました。
こちらのほうが整っているかも。
喜南鈴ガラス新発売のCシリーズ金赤。
このガラスは非常に優れていて、これ以後活躍することに。(*^_^*)
佐竹に戻り、また適当にマーブルを。
ハッキリマーブルではなく、ちょっとぼや~っとしたイメージにしました。
マーブルって本当に一期一会の世界なのですよね!(*^。^*)
毎回、気に入るような文様をできるようになりたいものです。
男性的なグレーを基調とした2色玉。
このころは「男性的」を意識していました。
やはり男性ファンをもっと多くしたいと思った結果かもしれません。
左は佐竹ガラスですがこちらは喜南鈴ガラスです。
喜南鈴ガラスにも魅力的なグレーがたくさんあります。
実はこの玉、モデルがいます。
この菓子パンです~。(*^。^*)
出来る限りおいしそうにというのはいつものことなんですが、実際に横にこのパンを置いたらじゅるる~でした。
今年もおひなさまです~。(^○^)
みんな違う顔というのはやはり手作りでしょうか。
初代よりもメタボ気味かもしれません。
こっちは何だか会話しているようにも見えます。(*^_^*)
「ねえねえ~」「も~なによ」
みたいな。(≧▽≦)
 
男性の方用に創った戦国玉です。
メカニックな方でパソコンを自作するような方なので、メカニックなイメージを出すため、この場合は意図的に黒ガラスの金属皮膜を起こさせまして、銀色に光らせました。(*^_^*)
左の玉の失敗バージョン。
でも戦国玉にならなかっただけで、同心円としては成功です。
あまり目立ちませんが、紺色です。
高度な戦国玉も少し慣れた??
この戦国玉をまた他のお方に依頼されて創りました。
同じ玉を依頼されると結構大変です。
ごくフツーの同心円玉です。 殆ど見本的な玉です。  
この玉はとっても気に入っている大そうじ玉です。(*^。^*)
穴が大きいのが特徴で、おかげさまで数件お問い合わせを頂きましたが、非売品とのことでお断りをしたのです。
この玉をアップしたのは20011年3月6日です。
この玉直後にピンクの帯留めを創った数日後、あの東日本大震災に襲われたのです。(>_<)!
震災の余震にびくびくしての、でも復興を願っての、こいのぼり創作でした。
創作中、震度1の地震が!(>_<)
3月2日生まれのおばーちゃんのプレゼント。
題して「ひな祭り」。

喜んでもらえた♪(*^^*)
左の玉と創り方が似ているけど創り方が少し違います。
こちらは「ひし餅」。

境目とピンクが汚いなあ。(^_^;)
こういう玉は、今後もたくさん創りたいですね!
好きですよやっぱ虹色は!
それも改良してね。(≧▽≦)
こういうパーツをいっぱい敷き詰めた花とんぼ玉、今後も創りたいです。
なかなか好きな玉。
パーツの敷き詰め玉、第2弾。
なんだかスキマがいっぱいだなぁ……。(T-T)
これも、春一色の玉。
やっぱり季節感ある玉って、日本っぽいですね!
左の玉の色違い。
これはこれでいいと思う。
リベンジしようかと思う玉。p(^^)q
これは、初期でツイスト棒の模様がきれいに出た数少ない玉。
すぐにお嫁に行った、思い出深い玉です。(^▽^*)
形が気に入らないけど、これもけっこうツイストがきれいに出た。
色も好きです♪(≧▽≦)
右上のツイスト玉のおまけとして創った小さな玉です。
オマケのクセに人気があり、お客様の元へ嫁ぐ。(ToT)/~~~
上の玉と似ているが、こちらのほうがちょっと小さめ。
ツイストも均等ではないかも。(;^_^A
ほぼ失敗のツイスト棒をとりあえずまいてみた。
紫色なので「アメシスト」と命名。(;^_^A
これも失敗したツイスト棒を巻き付け。この色なので「ベジタブル」。 嫌な色……。(>_<)
透明原色の赤・黄・青・緑。
混ざって黒……考えなきゃ。
うまくいけば、これも虹色になるはずが、すすでグレーに……。(T_T)
炎の使い方を上達させねば!
パイプ状の玉。
本当は曲がり玉を創りたいです。
とりあえずマーブル状。
パイプ状の玉。
左の玉と少し違うピンク。
これはこれでいいな。(^▽^)
パイプ状の玉。
こちらは青バージョン。
この玉を好きだ、と言う人が多かった。
レース棒を早速使用した玉。
レース棒が難しいのでちょっと変になってしまった。┐(´―`;)┌フッ
でも、これはレース棒の柄がキレイに出たな~(≧▽≦)
ピンクの玉とと大違い!?
形が少ししずく状になってしまった。
でも、偶然レース棒がグラデーションに!(^▽^*)
ベネチアンの目玉ビーズをイメージして創った!
目玉パーツが難しい~。(^^ゞ
ほぼおまけで創った玉。
でも「かわいい」とまわりには評判良かった……。(^▽^*)
チェックのつもりが変になった。
こういうのって点打ちのタイミングが難しいねえ。(T_T)
なし なし
変な形のフツーのマーブル玉。
でもこれって何だか好きなんだよね~。(≧▽≦)

いろいろ試そうっと。
左の玉よりも文様が好き。
マーブルは偶然性が神秘的なので、とても好き。(☆≧∇゚)ノ
戦国玉レプリカまがい!
点を打つ際手が震えた。
次回フェニキア玉を創る!
がんばるぞ~。
p(^^)q
水中花に挑戦!
でもこれもウマくいかなくて。
何だかね……。(;^_^A
水中花、青バージョン。
ウマくいったのは花ひとつだった。
後はど~もね。|||(-_-;)|||
また水中花。
珍しい緑色!
ウチの母さんがいい色と言っていた。
水中花玉のリベンジ玉。
少しウマくはなってる?
形なんか特に~。(≧▽≦)
見えにくいが、半不透明なピンクのガラスを巻き、透明ピンクをかぶせた。 水中花・点打ちの応用、四葉のクローバーです!
春らしくなった。
水中花の応用。
でも透明ガラスをかぶせ忘れ、透明が浮き出て失敗っ!
水中花玉のリベンジ玉。
相当丁寧に玉を創った。
川に桜が流れるイメージ。
また、初期のショップの値段が高い玉でした。(\_\)
レース棒にツイストを切ったのをのせた。
ペプシコーラマークみたい(・A ・)?
久々のハート!
今回はバレンタインだったからチョコレートみたいなガラスを使った。
おいしそう……。(≧▽≦)
新しい虹色のパーツ使用!
ガラスは左の玉と同じピンクのガラスです。
楽しいとんぼ玉になった。
この文様は法隆寺玉といい、かなり楽しい技法♪∵ゞ(≧ε≦o)
ふにゅっとどんどんひねった。
法隆寺玉の応用。
穴にバリが出てしまったが、けっこう好きなほうの玉。
水中花に、葉と茎を付けたが、何だかちゃちになった。┐( ̄ー ̄)┌ もう一度、このパーツを創って、試しに使ってみた。
前よりも良くなってるかな。
透明の水色に白の点打ち。
正体をその上に水色のガラスをかぶせ、また点打ち。
左の玉の色違い。
あめ玉みたいでなんだかかわいいかもね。゜+.(・∀・)゜+.゜
ミニミニ玉。゜+.(・∀・)゜+.゜
虹のパーツをのせてみた。
小さいのもけっこう大変!
ただの練習玉なのに、母に異常に気に入られ、母に横取りされた玉。(^^ゞ 久しぶりのソーダガラス玉!
ソーダのオレンジは本当に鮮やかでキレイ!!゜+.(・∀・)゜+.゜
これもソーダガラス玉。
見えないが中にオレンジの花がある。
配色失敗したから、別の玉で、花が白いものを創った。(;^_^A
母の誕生日プレゼント用。
色んなパーツで「花畑」のつもりが流れた。(^^ゞ
進化したパーツ? を試しにのせてみました。
夏にピッタリ!(≧▽≦)
これは、パーツで余ったガラスが多すぎたので、それを玉にした。
なかなかいい。(^^)v
超ミニミニ玉!
とても小さいとんぼ玉で、わたしとしては珍しい玉。(≧▽≦)
ピンクの不透明は一番繊細。
炎をウマく使わないと、こんなふうに退色しちゃう。
そして、これがこのピンクの本来の色!左の玉と同じガラス!
信じられる?(@_@;)

2004年~2005年の作品 2006年の作品 2007年の作品 2008年の作品 2009年の作品 2010年の作品 帯留め 指輪

ギャラリーはまだまだ続きます♪ わたしの歴史です。(^▽^*)


inserted by FC2 system